Romantic Geographyをテーマに
都市やそこに集う人々の変化を取り上げる
インディペンデント・マガジン
『TOO MUCH Magazine』の第4号が
「petite robe noire BOUTIQUE」に入荷いたしました。



Issue4では「ブラックボックス」を特集しています。

1940年代に登場した「ブラックボックス」という考え方は、
スマートフォンに代表されるように
21世紀の現代社会にあふれかえっています。



入力の方法さえわかれば、たとえ
なかの仕組みなどわからなくても
誰でも使うことができる。
そうした「ブラックボックス」の考え方を
電子機器だけではなく、
都市のなかに置き換えてみるとどうなるのでしょうか。



見応えのある写真とともに、ページをめくっていくと、
どのようにして都市=空間がブラックボックス化されるのか、
そして、私たちのまわりを取り囲む、幾重にも重なり包み隠された
情報やできごとを理解することは、とても不可能だということを
知ることになるようです。



特別付録には、ヴェニスビエンナーレ日本代表にも決定したアーティスト
田中功起さんによるポスターも。



「BOUTIQUE」にお越しの際は
ぜひお気軽にお手にとってご覧いたけたらと思います。
.......................................................................
書名:TOO MUCH Magazine Issue 4
発行:OK FRED
価格:¥1,890(税込価格)
*日本語訳冊子付き
http://toomuchmagazine.com
.......................................................................

*******************************
petite robe noire BOUTIQUE(プティローブノアーブティック)
渋谷区恵比寿西1-4-4 ル・ソレイユ2F
tel 03-6416-1616
open 12:00〜20:00 不定休
map
JR恵比寿駅西口より徒歩2分。
大丸ピーコックの隣。ビルの1Fは歯医者です。
*******************************

恵比寿の「petite robe noire BOUTIQUE」では、以下の書籍もお取り扱いいたしております。

◯雑誌『THE GREATEST』
◯作品集『クサナギシンペイ 清澄界隈』
◯雑誌『Union #2』『Union #3』
◯ポートフォリオ・オン・ポップマガジン『GASBOOK pop vol.05 Sophie Toporkoff』
◯雑誌『TOO MUCH Magazine 』Issue3
◯芸術批評誌『凶区』