美術作家やなぎみわさんが手掛ける演劇プロジェクトに
petite robe noire が参加いたします。

お話の舞台が1920年代ということで、
古いアクセサリーやドレスなど、その時代の装飾品に感じられる
繊細さやあたたかみを大切に思うpetite robe noire に
このたび、お声をかけていただきました。

会場は、今年の1月にオープンした KAAT神奈川芸術劇場にて、
『1924海戦』という演目になります。

公演期間中は、劇場5Fの大スタジオホワイエにて
1点ものの古いアクセサリーと、1920年代を思わせる
petite robe noire のアクセサリーを展示・販売いたします。
なお、販売時間は各公演の1時間前から、終演後30分となります。


上から時計まわりに PRN0526 0523 0527 0524 0525 

ご興味をお持ちいただけましたら
ぜひみなさま、足をお運びいただけましたら幸いです。

ただいま、恵比寿のお店では
『1924海戦』公演のチケットを販売しております。

お電話でもお求めいただけますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
電話:03-6662-5436(12:00-20:00)

チケット 一般:¥3,500(税込価格)



***やなぎみわ演劇プロジェクト『1924 海戦』***************

2011年11月3日(木)~11月6日(日)

*公演スケジュール*
11月3日(木・祝) 14:00
11月4日(金) 19:00
11月5日(土)14:00 / 19:00
11月6日(日)14:00

場所:KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281
お問い合わせ:045-633-6500

協賛:株式会社 資生堂
企画:やなぎみわ演劇プロジェクト
主催:KAAT神奈川芸術劇場

原案・演出・美術:やなぎみわ
*Miwa Yanagi*
神戸市に生まれる。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。京都市在住。
主な作品に、若い女性が自らの半世紀後の姿を演じる写真作品「マイ・グランドマザーズ」、
実際の年配の女性が祖母の想い出を語るビデオ作品「グランドドーターズ」、
少女と老女の物語をテーマにした写真と映像のシリーズ「フェアリーテール」など。
国内外展に参加多数。2009年第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家。
「演劇」「美術」 という枠を超えた芸術活動を進めている。

*ストーリー*
1924年に創設された日本初の近代劇場、築地小劇場。
前代未聞の設計と舞台構造を持つ小劇場にて、
絶叫と轟音のリアリティで人々を驚かせた伝説のこけら落とし公演『海戦』。
『1924海戦』では、芸術とは、創造とは、未来とは...?
世界と日本が切実に通じ合い、演劇、文学、美術、音楽、
すべての芸術がぶつかりあい、スパークしてエネルギーを発した時代ー
モダンなコスチュームの「案内嬢」をシュールな狂言回しに、劇中劇として舞台上によみがえる。

詳しいご案内

**************************************