petite robe noire のものづくり

#006

デザインが生まれるまで

机の上いっぱいに並べたパーツたちが自然と対話をはじめる瞬間。
新しいシーズンに向けて制作にとりかかるとき、阿部はその時々に気になる素材やパーツを広げ、デザインがはじまります。
インスピレーションが生まれるこの時間は、素材たちの方が作り手に話かけるのだとか。

petite robe noire の定番は、コットンパールやスワロフスキークリスタル、ヴィンテージガラスや天然石。さらにホーン(水牛の角)ビーズや
オリジナルで制作する樹脂パーツ、時には、プティならではのおもしろいパーツが絶妙なバランスで組み合わされることで
クラシック、モダン、アールデコ、トライブ感、大胆さにさりげなさ、強さとしなやかさなど、表情豊かなものづくりの源に変化してゆきます。

数ミリ単位でパーツを選びとること。石やパールの数ひと粒にも妥協しないこと。微妙な色の組み合わせを見逃さないこと。
大胆さを忘れないこと。そんな制作の姿勢が、petite robe noire 特有のバランスとなり
デザインが生まれるまでの大切なキーワードとして隠れているのです。

back number